« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

投稿No.24 奈良教区 野原青年誌友会の皆さんの作品(2)

えむすび常連のMAHさんからまたまた投稿がありました☆

今回は私、フォーマルハウトがアップさせていただきます。

――――――――

TK様ご無沙汰しております。

12月度も誌友会で絵手紙を行いました。 誌友会には「奈良の白鳩」さんと奈良の白鳩さんの妹の「みんみん」さん、みんみんさんの娘さんの「 Naomi」さん、tommyさん、僕と幅広い年齢層で輪読会を行い感想を述べあった後、絵手紙を行いました。
絵を描いているときもワイワイガヤガヤ非常に楽しくまた青年だけとは違う話も聞けて素晴らしい誌友会となりました。(ろう梅、レモン、みかん)

コメント

Naranoshirohato○奈良の白鳩さん

青年会の誌友会を体験しました。偶然立ち寄った私の妹も加わり、若作りの声で輪読会。絵手紙を描くときは最高に盛り上がり笑い声が絶えませんでした。

Minmin○みんみんさん

何の絵か本人も分かりません。みんみんから愛をこめて。。

Tommy ○Tommyさん
ロウ梅のあまーいいい香り漂ってきませんか?

Naomi ○Naomiさん
20年ぶりぐらいです・・・素直な気持ちで描けました。

Mah ○MAH
上品な姿と素敵な香り・・・。 いいですねぇ~!

――――――――

どれも上品で温かい作品ばかりですね☆

奈良の白鳩さんのろう梅、とても温かい雰囲気がにじみ出ています。お人柄そのものなのでしょうね。

みんみんさんは、ろう梅を上から描いてくださったのでしょうか?独特のアングルがおもしろいです☆

存在感あるTommyさんのろう梅、ホントにあま~い香りが漂ってきそう!

20年ぶりに描かれたというNaomiさん、モチーフもさることながら影の付け方も上手です。

MAHさんはろう梅を丁寧に描かれていますね。背景の黄緑もキレイにマッチしています。

今回は白鳩会世代の方も巻き込んでの開催でしたね。奈良教区はMAHさんから“絵手紙誌友会”が始まったと言っても過言ではありません。これからもどんどん投稿してくださいねhappy01 (フォーマルハウト)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

投稿No.23 函館教区 12月の教区練成会での絵手紙

Hako_photo01  北海道は函館教区にて、この12月に開催されました「第224回はこだて短期練成会」で参加者が絵手紙に挑戦されたそうです。

 同教区のH事務局長によりますと、その絵手紙制作の時間には、Hako_photo02まず生長の家本部提供の絵手紙誌友会デモンストレーションビデオ(TKと相愛会事務課の4人が出演。前回の代表者会議で上映したもの)を観た後、絵手紙を趣味として実践している信徒の方が絵手紙の描き方の手順を説明。その後、右の写真のように 皆さんで思い思いの絵手紙を描かれたそうです。(詳細は後日、H事務局長のコメントを追加して説明します)
 絵手紙は初めてという方が大半を占めていたようですが、「描き出すと、描けるもんだ」ということで、下に紹介するように、個性に満ちた魅力的な作品が出来上がりました。
 Hako_photo03 練成期間中に、制作した絵手紙の写真をプリントして館内に張り出し、皆さんで鑑賞できるようにしたそうです。
 余談ですが、最初に紹介したビデオには、当地のI教化部長も参加者役で出演されていたため、I教化部長の姿がスクリーンに映ると、歓声と拍手が起こったそうです。Hako_photo04
 こうした教区練成会での実践が、きっと絵手紙の実践を取り入れた誌友会の開催につながることでしょう。
 函館の皆さん、またの投稿をお待ちしています。(TK)
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

投稿No.22 東京第一教区 板橋青年誌友会の皆さんの作品(7)

11月23日、板橋青年誌友会を開催いたしましたhappy01

N講師の明るく素晴らしいご講話の後、恒例の絵手紙タイムに。今回はモチーフを用意せず、生長の家のテーマをもとに絵手紙を描いてみることにしました。

テーマは「両親、家族への感謝」

なお、絵手紙だけでなく純粋にハガキにメッセージを書くも良し、和歌もよし、表現の幅を広げてみました。すると、参加された皆さんは「両親、家族への感謝」をじっくり考え始め、個性的な作品がそろいました。

Itabashi_20_11_gen1 Itabashi_20_11_gen2 Itabashi_20_11_hajikin1 Itabashi_20_11_hajikin2 Itabashi_20_11_himawari1 Itabashi_20_11_himawari2 Itabashi_20_11_himawari3 Itabashi_20_11_kuri Itabashi_20_11_maur1 Itabashi_20_11_maur2 Itabashi_20_11_my Itabashi_20_11_fhaut1 Itabashi_20_11_fhaut2

左上から、GENさん(2枚)、N講師(2枚)、ひまわりさん(3枚)、くりぃさん(1枚)、Mさん(2枚)、myさん(1枚)、フォーマルハウト(2枚)です。

どの作品もご両親への感謝のメッセージが込められ、見ていて心が温かくなります。やっぱりご先祖様、両親あってこそ自分がこの世に生まれることができて、「人生学校」で学べるんだなあ、とつくづく思いました。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »