« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

投稿No.34 福岡教区相愛会 オサムさんの作品

Osamu090324  福岡教区の相愛会員・オサムさんから絵手紙が届きました。

『3/7-8に大牟田市の福岡教区南部道場で開催した「お父さん、お母さんのための一泊見真会」で、私を含めて3名の生命学園の園長で“子供預かり”を担当した折、2日間にわたって子供たちに喜んでもらえるよう、預かりプログラムを作り、ちょっとした準備をして対応しました。
 なかでも、室内魚釣りゲームと屋外のカンカラ下駄遊びはとてもおもしろかったです。
 子供たちも、皆満足して帰ってもらうことができました。
 子供預かりの参考になれば幸いです。 オサム」

―― オサムさん、“子供預かり”のステキな企画を報告いただき、ありがとうございました。
 添えてくださった絵てがみを見て、子供たちが当日、こうして楽しんだんだろうな、と目に浮かんできました。
 普段はじっと座ってゲームをしたりしている子供たちも多いと思いますが、生長の家の行事では、こうして体を動かす遊びを体験させてあげたいものです。(TK)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

投稿No.33 埼玉教区 所沢松郷青年誌友会の皆さまの作品

 埼玉教区青年会の徳永洋一さんから絵手紙の投稿がありました。

Ishizuka_2 Sawamura 
SugiyamaTokunaga








教区名:埼玉教区
誌友会名:所沢松郷青年誌友会
開催日:平成21年3月14日
様子:
和気藹々とした楽しい誌友会でした。笑いと賛嘆があふれる和やかな雰囲気。
制作時間が足りず描き終わらなかった方も……(全員文字入れはできませんでした。)
また、講師からは美や、喜びの表現が拡大していくことに、こういった誌友会や表現活動が重要であることをご指導していただきました。

――徳永さん、初の投稿をありがとうございました!
 それぞれの絵から当日の楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
 ウシのぬいぐるみ…すごく上手な鉛筆デッサンですね。モノトーンが美しい。
 赤い木の実…茶色を基調とした中に、赤い実が目を引きます。丁寧に描かれてますね。
 『日時計日記』…愛用の日記帳ですね。しっかり観察してよく描けています。
 カラフルなビン…徳永さんの作品ですね。ハートを描いたリボン?が軽やか。色彩もきれいですね。

 皆さん、時間を忘れて絵に熱中されたことでしょう。伝わってくるものがあります。
 また、次回も投稿してくださいね!(TK)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

投稿No.32 福岡教区 小倉青年会の皆さまの作品

 福岡教区のヤングミセス、きょんさんから絵手紙誌友会のメールが届きました☆

――――――――――

3月福岡ヤング小倉青年会絵手紙誌友会を開催しました。今日は顔なじみの皆さんとの絵手紙でしたので開会の祈りをして開催しました。Eさんのお宅に咲いていたビオラとヒヤシンスの鉢植えをお借りしての春のお届けです

小さなお子さんがいらっしゃったため交代制で子守りと絵手紙にわかれて行いました。時間は30分。まずは、対象物をよく観察する事、そして、自分が一番好きな角度を決めて真剣に向き合い描くこと。001 002 003 004

皆さん、もくもくと集中!集中!!そして、どなたも30分の間に素晴らしい作品を描くことが出来ました。

 写真は
1、ヨッシーさん 2、Eさん 3、ようこさん 4、私(きょん)です。

――――――――――――

 きょんさん、ありがとうございました! 春らしく花を描かれたのですね。

ヨッシーさん、線がくっきりしていて力強いです。花もとても観察されていますね。

Eさんは明るく暖かい黄色で表現。お人柄もそうなのでしょうね。

ハガキいっぱいに咲き乱れるようこさんの絵。まるで花畑です。

1つの花をていねいに描かれたきょんさん、写実的!

 こうしてみると、もう春なのですねえ。卒業式があって、桜が咲いて、新しい日々が始まって、全国大会があって…(笑)。福岡ヤングミセスの皆さん、ありがとうございました! (フォーマルハウト)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

投稿No.31 愛知教区 ヤングミセスの集い勉強会の皆さんの作品

 愛知教区青年会より、ヤングミセスの集いの勉強会で描かれた絵手紙が届きました☆以下、ご紹介します。

*****************************

127日、愛知県教化部にてヤングミセスの集い会場リーダー勉強会を開催(参加者12名)。

今回はBタイプの誌友会・集いをひろげていく中で比較的取り組みやすい内容の「絵手紙」をリーダーさんで実践してみることにしました。はじめ、U講師の講話の中でしっかりと日時計主義の生き方を学び、後半絵手紙に参加者全員で挑戦しました。絵手紙について雅宣先生著の『太陽はいつも輝いている』のご文章より説明させていただきました。材料は各自持ちよりで新たに買い足す必要のなく、どの家庭にもあるもの。題材は人参・だいこん・れもん・白菜など自然素材をえらんでいただき早速実践。

Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 

実践中はし~んとしたかと思うと笑いがでたり、質問がでたりとなごやかな雰囲気で作品ができあがりました。絵ももちろん、添えられた言葉も人となりがにじみで「わーすてきだねー」の合唱でした。

参加されたリーダーさんからは、「普段こんなに静かな時間をすごすことがないので新鮮でした。」「よく観るって大切なんですね」「夢中になりました」など悦びの声があがりました。

今後愛知の中で絵手紙などをはじめ、日時計主義の実践型の集いがひろがりそうです。

尚、今回は託児をしてくださったので、大人だけで取り組みましたが、普段のつどいではこどもたちも参加型にするなどの工夫も必要になってきそうです。

*******************

愛知教区のヤングミセスの皆さん、ありがとうございました! 皆さんとても上手!そして味のある絵に仕上がっていますhappy01 普段調理されている野菜もよく観察して描くと、きっと違う印象が残ったコトでしょう☆ お子さんたちと一緒に描けばさらに楽しいでしょうね。

またの投稿をお待ちしています!

(今回は掲載が遅くなり、申し訳ありませんでした。 フォーマルハウト)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »